どんな目的に向いているの?

集団塾はどんな特徴があるのか

集団塾は、一人の先生に対してたくさんの生徒がいる形式なので、決められたカリキュラムに沿って指導が進められるというのが特徴です。科目ごとに講師が分かれており、大手の場合は特に進むスピードが速い傾向があります。理解度にかかわらずどんどん授業が進められていきます。また一人の先生に対しての生徒が多いので、授業料が個別指導塾よりも安くなる傾向があったり、志望校のレベル別のコースに分かれており習熟度に合わせてコースを選べることも特徴となっています。その他にも特に大手の集団塾となると、受験に関する情報量が豊富である傾向があります。塾内だけでなく全国模試に参加する生徒も多く、子どもの立ち位置を把握しやすくなります。

集団塾に向いている子どもは

集団塾では子どもの理解度にかかわらずカリキュラム通りに授業が進んでいくので、予習や復習ができるような学習習慣がついている子どもや集団の中でも積極的に質問できる、周囲のライバルたちと切磋琢磨してモチベーションをあげたいという子どもに向いているといえます。難関校を志望するコースということになると授業内容も難しくなるので、自分から学ぶ姿勢が大切となります。

集団塾はこのような特徴があるので、子どもの性格や学習習慣によっては合わないということもあり得ます。ただ、目的の志望校や難関校に関する細かい情報を知りたい、同じ目標を持ったライバルと勉強してモチベーションをあげたいという目的のある人は、集団塾も一つの選択肢となるといえます。